2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.02.28(Sun)

ライトノベル派目線の人間失格

パンフレット
人間失格観にいってきました
この原作の著者・太宰治生誕100年を記念したのかしてないのか知らないが
最初アニメになって次に映画化したものです

絶望先生のモデルとしても有名です(その情報はいらない

実はというと高校時代原作購入して読んだことあるけど
ライトノベルしか読解力がなかったので作者は一体なにを語りたいのかと疑問を持ち
そのまま本棚の奥にしまいっぱなしでした

それから時を経て
今ではちょくちょくですが「伊豆の踊り子」やら「ビルマの竪琴」など有名文学にも目をつけるようなりました。あ、あと山田悠介氏もね。あの方は本当すごいの書いちゃうからね

まず感想
BGMがない。あるとすればレコードや店のジャズ演奏くらいかな
あと効果音、劇中艶かしいところあってその水音がリアルすぎた

この物語の主人公・葉蔵、議員の子供で金持ちだったが
この充実した毎日を好きではなかった
それからして議員を引退した父親は家を売却
葉蔵は下宿生活を送ることなったのだが
幼少の頃からモテモテなのがいけなかったのか女に惚れられては
良くない事態になることを繰り返していた

最終的には基地外になりかけるところで東北に療養することになった
またそこでもバb…熟女にあーだこーだされて

第二次世界大戦が始まった12月8日で幕は閉じた


本当に「人間失格」だね
「幸せって一体なんだろうか」という哲学的で耽美で空しさ・厭世的な内容でした
一般の「涙モノ」とは違う「涙モノ」でもあるかと私は思います

でも結構上級者向けかも
静かなシーンが長く続くとうとうとしてたのが事実
寝てないよ、断じて寝てないよ


この1ヶ月合計3本の映画を観たのですが
どれもシリアスな内容で自分らしくないなーと感じた
ま、来月にはプリキュア、再来月には銀魂を観にいく予定なので
真面目な内容も目につけたい季節だったのかもしれませんね・・・はは

特に角川映画はある意味最強だったorz
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

20:02  |  そのほか  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mousouringo.blog74.fc2.com/tb.php/691-19caf3d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。